スピルリナとユーグレナ(ミドリムシ)の違い

 昨日に引き続きスピルリナユーグレナ(ミドリムシ)についてお話致します。

 

 ユーグレナはユーグレナ類で主に淡水で発育します。細胞壁はなく細胞膜のみで消化性は良好。ビタミンCを含みパラミロンという成分を含んでいます。食用歴史はスピルリナより浅く2005年頃からでして、ユーグレナ100%の商品はないということです。

 スピルリナクロレラユーグレナ(ミドリムシ)はそれぞれ含有量、成分が違うので一概には比較できませんが、当薬局はハワイ産スピルリナをお勧めいたします。

 

ハワイ産スピルリナについてはこちらをご覧ください。 

スピルリナとクロレラの違いについてはこちらからご覧ください。

スピルリナの産地についてはこちらからご覧ください。

 

・金色の丸薬『牛黄清心元』はこちらです。

 

【過去のブログ】

 

・『冷房病』(2018/8/1) 

・『青汁』(2018/7/25)

・『お盆休みのご案内』(2018/7/20)

・『脱水』(2018/7/6)

・『五十肩』(2018/6/26)

・『夏祭りだ裏参道』(2018/6/15)

・『むくみ』(2018/6/11)

・『腸内デトックス』(2018/6/9)

・『札幌市円山動物園にて』(2018/6/2)

・『新商品』(2018/5/31)

・『夏の過ごし方③』(2018/5/30)

・『夏の過ごし方②』(2018/5/21)

・『夏の過ごし方①』(2018/5/18)

・『スピルリナとユーグレナ(ミドリムシ)の違い』(2018/4/26)

・『スピルリナとクロレラの違い』(2018/4/25)

・『牛黄清心元』(2018/4/19)

・『円山・裏参道まっぷ』(2018/4/4)

・『未病とは』(2018/3/19)

・『目の疲れ』(2018/3/7)

・『腸内フローラ改善生活』(2018/3/6)

・『春の漢方』(2018/3/2)

・『スピルリナの産地はどこ??』(2017/11/22)

・『アスタキサンチン!!』(2017/10/30)

・『リナマックスシリーズの「らんちゃん」』(2017/10/4)

・『乾燥肌にはシコリーブ!!』(2017/10/3)

・『寒い季節に「リナマックスZ」』(2017/10/2)

・『忘年会やお酒の席でこの1本!!』(2016/11/30)

・『リナマックスエキスミニ』(2016/1//29)

・『「スクワレン」と「スクワラン」』(2016/10/24)

・『カサカサお肌もしっとり・すべすべに』(2016/10/18)

・『頑張り時にこの1本!!』(2016/10/17)

・『これからの寒い季節に・・・!!』(2016/10/15)

・『乾燥肌にスタッフ一押し商品!!』(2016/10/14)

・『リナ・ハーブキャンディのご紹介』(2016/10/12)