スピルリナとクロレラの違い

 今日は当薬局があります円山裏参道では清掃日となっております。商店街の皆さんで朝8時30分から道路や歩道の清掃を行いました。

 

 さて、ここ最近『スピルリナクロレラユーグレナ(ミドリムシ)って何が違うのですか?』というご質問を受ける機会が増えております。今回はまず『スピルリナとクロレラ』の違いについてお話致します。

 

 スピルリナは藍藻類でPH9~11の強アルカリの高塩水で発育します。強アルカリ、高塩水では他の微生物の発育は困難であり、純粋で清潔性、安全性が保たれます。クロレラはPH6~6.5の弱酸性で淡水となっております。

 細胞膜はスピルリナでは薄くて弱く(細胞膜のみ)、消化性が約95%と良好です。クロレラ厚く固く(細胞壁と細胞膜)、消化性が約60~80%となっております。

 成分を比べますと内容や含量は異なりますが、スピルリナには非常に注目されているフィコシアニン特異的に含まれています。一方クロレラには含まれているビタミンCが入っておりません。またスピルリナ即エネルギー源として活用できるグリコーゲンを作ります

 世界的にもスーパーフードであるスピルリナがとても注目されています。

 

ハワイ産スピルリナについてはこちらをご覧ください。

スピルリナとユーグレナ(ミドリムシ)の違いについてはこちらをご覧ください。

スピルリナの産地についてはこちらをご覧ください。

 

・金色の丸薬『牛黄清心元』はこちらです。

 

【過去のブログ】

 

・『冷房病』(2018/8/1) 

・『青汁』(2018/7/25)

・『お盆休みのご案内』(2018/7/20)

・『脱水』(2018/7/6)

・『五十肩』(2018/6/26)

・『夏祭りだ裏参道』(2018/6/15)

・『むくみ』(2018/6/11)

・『腸内デトックス』(2018/6/9)

・『札幌市円山動物園にて』(2018/6/2)

・『新商品』(2018/5/31)

・『夏の過ごし方③』(2018/5/30)

・『夏の過ごし方②』(2018/5/21)

・『夏の過ごし方①』(2018/5/18)

・『スピルリナとユーグレナ(ミドリムシ)の違い』(2018/4/26)

・『スピルリナとクロレラの違い』(2018/4/25)

・『牛黄清心元』(2018/4/19)

・『円山・裏参道まっぷ』(2018/4/4)

・『未病とは』(2018/3/19)

・『目の疲れ』(2018/3/7)

・『腸内フローラ改善生活』(2018/3/6)

・『春の漢方』(2018/3/2)

・『スピルリナの産地はどこ??』(2017/11/22)

・『アスタキサンチン!!』(2017/10/30)

・『リナマックスシリーズの「らんちゃん」』(2017/10/4)

・『乾燥肌にはシコリーブ!!』(2017/10/3)

・『寒い季節に「リナマックスZ」』(2017/10/2)

・『忘年会やお酒の席でこの1本!!』(2016/11/30)

・『リナマックスエキスミニ』(2016/1//29)

・『「スクワレン」と「スクワラン」』(2016/10/24)

・『カサカサお肌もしっとり・すべすべに』(2016/10/18)

・『頑張り時にこの1本!!』(2016/10/17)

・『これからの寒い季節に・・・!!』(2016/10/15)

・『乾燥肌にスタッフ一押し商品!!』(2016/10/14)

・『リナ・ハーブキャンディのご紹介』(2016/10/12)